珈琲屋風雲録-前口上-


1975年6月1日コーヒー党の機関誌「珈琲共和国」より

珈琲共和国1975年6月
珈琲共和国1975年6月


 昨年、私は「実録珈琲店経営」という本を出版しました。
 ご承知の通りこの本は、私が阿佐谷に小さな喫茶店(現ぽえむ阿佐谷西店)を出店してから、現在のぽえむチェーンが成立するまでの過程を書いたものでした。いわば市井の平凡な一般の男が、ささやかな成功を得るまでどのような体験をしたかということで、どちらかといえば自然の成り行きをそのまま述べたという本であったわけです。
日珈販誕生
その役割り
 さて、私は今から3年半ほど前、阿佐谷西店・阿佐谷東店・下高井戸店・永福町店の4点を出発点として、資本金50万円の会社を作りコーヒー専門店の本格的なフランチャイズチェーンの創造に着手しました。
 この会社が㈱日本珈琲販売共同機構(略称・日珈販)で、現在30店舗の加盟店を有し、社団法人日本フランチャイズチェーン正会員としては、わが国コーヒー業界でただ一社の存在ではあるのですが、何しろ資金のないものが始めたものですから、売上高などもまだまだ年商5億円程度と、100億円のフードサービスチェーンが続々と生まれつつある今日では小さな会社でしかありません。
 しかし、日珈販の業界に果たす役割は、企業の大小にかかわりなく重要な位置を占めています。
 大変重要であるからこそ私の個人的な企業で負担した金額をこめて、優に3千万円を超える赤字を出しながらもこの企業を育ててきたし、また育てる情熱を持ち続けることができたのですが、それに比してなぜ重要なのかが業界やその関連業界にはわかっていないような気がします。
 私がぽえむという一珈琲屋を創った場合では、かなり自然発生的に成り行きまかせで、その時々の流れにのせてきたという面がありますが、この日珈販という会社創りにあたっては、最初から日珈販という会社の在るべき在り方を予測し、また追及し、その設計図に基づいて業務を行ってきたという本質的な違いがあったのです。
事実を書けば
波乱が起きる
 そこで、私は昨年「実録珈琲店経営」を書きおえたときから、本当に皆さんに読んでもらいたいのは、この続きなのだという気持が強く働いてきました。
 すぐに筆を取りたいとも思ったのですが、いろいろ事情もあってなかなか筆を起こすにいたりませんでした。
 なぜならば、私の書くことはすべて事実や現実に基づいていますから、こうして現在商売をしている私どもに全く影響がないとはいえません。否、まともにかかわりあってくる問題ばかりだからです。
 まず第一に、日珈販・ぽえむを信頼してぽえむチェーンに加盟した加盟店の皆さん方の商売が、日珈販本部が業界から圧迫されることによって結果的に阻害される恐れがあること。
 第二に、日珈販に商品を供給している業者に圧力がかかる事。
 第三に、日珈販のスタッフが業界からシャットアウトされるために業務に障害が発生したりする恐れがあったこと。
 第四に、ただでさえも苦しかった日珈販の資金繰りを圧迫されるような事態が発生するような危険性があったことなどです。
 しかし、最近では少々情勢も変化し、飲食業界のコーヒー需要が落ち込み、家庭用の消費が伸びるなど、業界の志向が転換しつつあることや、味の素ゼネラルフーズやサントリーの業界参入などの動きもあって、今までのような業界を特殊部落化し、業界内だけのルールで商売をしていくというやり方が、もう長続きしないことがハッキリしてきたため、私どもアウトサイダーに対する締付けが弱まってきました。
有能なスタッフ
威力を発揮
また、日珈販自体も本年度に予想される本部年商は2億5千万円と、その業績を伸ばしてきており、数年後には東京地区における焙煎業者の中堅と肩を並べることができると思います。
この内容も、他の焙煎業者と違って、売り渡し先は加盟店と決まっておりますので、商品数は少なく、売り上げ代金の回収も確実なので、効率的な経営ができるものですから、急速成長をしてもガタがくるようなことは全くありません。
そもそも日珈販の赤字経営の原因は、有能な人材確保のための人件費負担にあったのですから、今日ペイラインに達してくると、ますますその威力を発揮します。
今後は本部の商品取り扱い高の増加に従って、さらにスケールメリットを追及できるようになると思いますので、かねてからの懸案であった資金難も次第に解消して、いっそうスケールメリットを生かす商品取り扱いもできるでしょうから、本部の力も増大するばかりだと思います。
そんなわけで、少々の圧力には屈しないだけの力が日珈販についてきたのですが、そうなってくると私の書きたい欲望が押さえきれなくなってきました。
とはいうものの、私の周辺にはいろいろ書かれては商売にさしつかえる方も多いので、全く生の形で書くことはできません。
そこで「珈琲屋風雲録」といった読み物として書いていきたいと思いますので、一つ識ある方は字の裏の裏までお読みとりいただきたいと存じます。